痛みに耐えられず断念した、針脱毛

以前、脇を脱毛するためにたまたま行った脱毛サロンが針脱毛の施術でした。そもそも、脱毛することが全くの初心者で、その当時は脱毛の知識も無く調べることせず脱毛サロンへ通い始めてしまいました。

施術前に、お店の人から脱毛方法について説明があって、毛根に針を刺して電気を流しながらして行きますと言われて、針を刺す?とは一体どう言うことかと一瞬思考が停止しました。

例えば、予防接種等で皮下に針を刺されるのだって苦痛です。それを、ムダ毛1本ずつに対して針を刺して行くなんて痛いに決まっています。

でも、既に脱毛モードに入っているので、今更大人が逃げ出すわけには行きません。仕方ないので、内心ドキドキしながら施術に入りました。

最初に針が刺さった時は、予想通り痛くて本当に後悔しました。でも、とりあえず終わるまで痛みに耐えて何とかその日は終了しました。

お店の人には、段々慣れるから大丈夫だと言われましたが、とても無理なので結局1度切りで止めてしまい、他店を探すことになりました。毛抜きによる日々のケアは、毛穴を痛める原因となります